女性の薄毛

女性のプロペシア服用は効果ないし、副作用も伴う

投稿日:

男性用育毛薬として有名なプロペシアですが、女性でも服用してしまう強者がいるみたいです。これは某大規模掲示板で発見したことなんですが、40代女性がプロペシアを服用していると言っていました。

そもそもプロペシアってなに??

プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、日本で処方されているお薬になります。

男性型脱毛症の原因である、男性ホルモンと5αリダクターゼ酵素の融合を防ぐことができ、抜け毛を抑制できるというもの。いままで薄毛治療など存在しなかったのですが、ここ数年でようやく医学的に証明され、日本でも使用可能となりました。

そんなプロペシアですが、なぜ女性で使用してしまう人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

女性にも起こる女性の男性型脱毛症

女性の薄毛は大きく分けて2種類あります。

・分け目やつむじが薄くなる女性のAGA、女性男性型脱毛症。
・全体的に薄くなる休止期脱毛症(急性や慢性)

さらに女性のAGAは血中の男性ホルモン値が上昇するパターンと、上昇しないパターンがあります。ただ、上昇しないパターンが非常に多く、上昇するのは本当にごく稀なケースです。

上昇するパターンは、本当に男性型脱毛症と同じような症状で、プロペシアが有効であり、上昇しないパターンは、プロペシアは有効ではありません。女性ホルモンの減少によるものか、もしくは全く別の原因が考えられます。

ただ、自分が血中の男性ホルモン値が上昇するパターンであるかどうかは血液検査でしかわかりませんし、本当にプロペシアが効くのかどうかは、医師に確認したほうが絶対に良いでしょう。

自己判断で服用した場合、予期せぬ副作用に見舞われることがあります。

女性のプロペシア服用における副作用

プロペシアの作用として、男性ホルモンと5αリダクターゼの結合を阻止するというのがあります。この男性ホルモンと5αリダクターゼが結合すると、DHTと呼ばれる強力な男性ホルモンに変換されます。

このDHTは、毛乳頭においては、発毛・成長を抑制させ、抜け毛を促進させるという働きがあります。

しかし、実はDHTは胎児を形成するのに必要なホルモンなんです。

DHTは生殖器を形成したり、女性ホルモンの元となる働きがあるので、必須なんです。

妊娠前に、このホルモンを抑制してしまうと、胎児の成長に異常をきたすこととなり、奇形児の恐れがあるんです。なので、女性はプロペシアを服用してはいけないとされているんですね。

また、女性は触れることさえいけないと言われています。その理由は皮膚からの吸収を防ぐため。

「錠剤だから大丈夫」「粉だから吸収されないだろう」と思っていても、一部が水滴などで溶けていて、吸収されてしまう可能性があるんです。絶対に吸収されるという訳ではありませんが、万が一ということなんですね。

パートナーが持っていても決して触れないようにしましょう。

薄毛治療クリニックでは稀にプロペシアで治療するケースがある

これは、かなり稀なケース。

もう、妊娠する予定の無い方や、閉経した方に同意を得て行うようです。

効果があるかどうかはエビデンス(海外における検証データなど)が無いのでなんとも言えないらしいのですが、男性ホルモンが脱毛の原因であることは確実なので、希望される方もいるみたいです。

「今後妊娠する予定もなく、何があってもいい。」

というなら一度薄毛治療クリニックへ出向いてみてもいいのかもしれません。

-女性の薄毛

Copyright© Planeadores Hair|つむじの薄毛・M字ハゲを治す改善メディア , 2019 All Rights Reserved.